母が関節リウマチです。幸いにも、今はお薬で症状が落ち着ついています。遺伝性の強い病気ではないようですが、私もリウマチになるかもしれないといつも不安を抱いていました。そんな心配が災いしたのでしょうか、結婚してすぐの時、毎朝起きると”両手の指がこわばる”という事が続きました。特に痛みはなかったのですが、丸めた手をスムーズに開く事ができずに、いよいよ母のリウマチが私にもでてきたんだ・・・と落ち込みました。
数週間たっても治らなかったので、母がお世話になっているお医者さん(リウマチ専門医)に診てもらうことになりました。その時の母の心配そうな様子は忘れられません。病院では、血液検査をしてリウマチ因子、その他を調べました。その日は検査と簡単な触診で終わりました。数週間後、結果が出る頃にまた病院へ行きました。結論として”今の段階では、血液検査の結果としては、リウマチ因子等はプラスになっていません。まあ怪しいと言えば怪しい項目が一つありますけれど、これは健康な人でも数値が低くない場合もあるのでなんとも言えません。それに、リウマチは血液検査で、でていなくてもリウマチである場合もあるので、症状がリウマチに近いならば様子を見たほうがよいでしょう。”との診断でした。
不思議な事に、その診断を聞いた翌日から手のこわばりがなくなりました。あれは何だったのでしょうか、その後また同じお医者さんを受診したのですが、結婚という環境の変化に加えて、当時私は共働きで慣れない家事と仕事に忙しかった事。その上、母のリウマチの事を絶えず心配していたので、心理的な疲れのような物からリウマチ症状に似たものがでたのではないか?との事でした。あれから、20年近くたちますが、その後全く症状がでていないので、やはり先生の診断の通り、心因性のものだと今では思います。

お金や融資を学ぶこと

| 金融 |

必要というものは生きるためにどうしても必要なものですよね?わたしはそのお金をどうやって稼いだらいいのかわかりませんでしたが、ネットで調べていってからは少しでも理解できてきました。まず、お金は一般的にバイトて稼ぐのが普通です。
バイクといってもコンビニや大手企業のサイゼリヤ、ヨドバシカメラ、教師、ゲームセンターでのバイト、公務員、上級公務員、パッチワーク、インテリアドレッサー等様々な企業に就職してお金を稼ぐのが主流になっています。
しかし、就職しても大学を出た人と出ない人では訳が違いますね。さらには高校を卒業しただけでは就職できない企業等も存在しますね。お金はやっぱり無いと生きていけないし、人生を彩るためにはかならず必要なものになっていきます。融資についても同様だと思います。融資ってなに?と思う人は少なくないと思われます。
しかし、ネットで調べてみるととてもわかりやすく書いてあるサイトが沢山ありますよ!そのサイトを通じてお金について調べてみました。

日本のお金は円とよばれます。外国はユーロだったりドルだったり様々ですね。お金の価値はその国によって様々な効果をもたらします。たとえば株式だったりしますね。外国の投資家が日本に期待して投資してくれれば、日本の経済は緩和され、赤字が少なくなっていきます。赤字がすくなくなれば景気がよくなり、お金を稼がなくても少しのお金だけで生活できるようになります。このようにお金の使い方は様々なのです。

ビジネスにおける会議室の役割は、社内で行う会議のほかに、取引先との重要な商談や、新しい事業に結びつける重要なプレゼンテーションなど、いずれもビジネスシーンにおいて非常に大切な役割を担っています。自社ビルの中に、広くて立派な会議室を備えている大企業もありますが、しかし全ての企業が社内に立派な会議室を備えているという訳ではありません。広くて立派な会議室は、会議に使用していない場合には、何もない空間でしかありません。

社員が多く働いているオフィスのように、企業にとって利益となるものを生み出すことは出来ないのですから、ある意味、経費を少しでも、経費を少しでも削減したい企業にとっては、会議室という存在は無駄な出費であると考えることも出来るのです。このような理由からか、最近では社内に会議室を備えず、貸会議室を利用している中小企業が増える傾向にあります。とにかく、貸会議室を選ぶ場合には、企業の信用を得るための重要なアイテムの一つという位置づけで、企業の行く末を左右するような会議であれば特に、事前にインターネットなどでよく調べ慎重に選ばなければなりません。

その際、仕事の合間に情報サイトで選んでおいた貸会議室に、当日初めて担当者も現場に向かうと言ったような流れだけは、くれぐれも避けなければなりません。インターネットで見た印象と大きく違って重厚さが無かった、あるいは、思ったより狭く使い勝手が悪かったと言ったような事になりかねません。担当者は必ず、本番前に一度貸会議室へ出向き、企業の重要な会議に相応しい会議室か、駅からスムーズにアクセスできるかなど、事前にチェックしておくことが大切なのです。

北海道観光に行った際にどんなお土産を買いますか?美味しいものがたくさんある北海道では、お土産もおいしいものばかり。どれもこれも美味しいからこそ、かえって悩んでしまうと思いませんか?有名なお店も沢山あって、定番商品から新商品まで本当に種類が豊富です。贅沢な自分や家族用のお土産としてはカニなどの海産物や瓶詰のもの。友人や自宅で食べる用としては有名店のチョコレートやクッキー、今さらながらのバター飴というのもかえって新鮮な気がします。お花の絵のパッケージが特徴的な板チョコレートはまとめて買ってきて、一枚ずつ気軽に配れるので職場の人やなんかへのお土産に便利ですよね。送料がかかってしまい、高くつきますが、有名パーラーの北海道でしか購入できないアイスクリームもお土産に持ち帰って喜ばれたことがあります。
沢山魅力的なものがあって悩みますが、最近気に入っているのが、三方六(さんぽうろく)です。薪の木に見立てたバームクーヘンを切ったものなのですが、これがまたシンプルで美味しいんです。食べやすい大きさにカットされて入っているところも便利でいいです。しっとり柔らかく、甘すぎず、くどすぎない味わいにどっぷりハマりました。バームクーヘンというと有名なお店が数あり、洋菓子店なんかが競って凝ったものを販売していますが、これで充分美味しく満足できます。このシンプルさがまた良いのかもしれません。物産展などでも購入できてしまいますが、それでも北海道に行くと買わずにはいられません。北海道観光に行ったときほど(良い意味で)お土産に悩むことってないですよね。

筆者がパソコンでネットを始めたころは、まだ電話回線を使って、ネットをしていました。そのため、筆者がネットをしていると、家の電話が不通となってしまうのです。ある時、母が自治体の役員になっていた時に、この筆者がネットをしていることによる電話の不通が起こってしまい、「電話を何回もかけたんだけれども、いつも話し中になっていた」と言われて、筆者はえらい怒られました。そこで父がネットの通信専用の電話工事をしてくれて、ネットと電話を分離しました。筆者にすれば、日々のネットは電話が不通になろうが、なるまいが、変わらなくて、長時間ネットをやっていたのですが、やはり、電話が使えなくなるというのは、よくないことでした。

今では、ストレスなく毎日ネットにつなぎ、仕事をしたり、趣味のホームページを見たりできます。いまや、ネットは生活にかかせないものになりました。そして、これからもますます、その傾向が強まると思うのでした。できれば、ネットの料金がさらに安くなってくれるとうれしいなと思います。社会に必要とされるインフラならば、利用者がたくさん増えるよう、どんどん安くしていくべきだと思います。携帯電話のように、以前は3000円くらい支払っていた利用料を、1000円くらいにまで圧縮できるという思い切った値下げが、プロバイダにも課せられていくでしょう。あとまた10年経ったら、ネットの利用料金はどのようになっているのでしょうね。

貸会議室というサービスを聞いた事がある人は多いかと思いますが、一体誰が部屋を貸しているのだろうかと疑問に思った人も多いかと思います。部屋の持ち主は、会議室として貸し出す為に部屋を所有しているのでしょうか?そういうケースもありますが、近年では普通のオフィスで空き部屋になってしまった部屋を、別の用途が見つかるまで、一時的に貸会議室として運用するビジネスが増加しています。

とはいえ、本格的に賃貸業を始めようとすると、責任も発生しますし法的な手続きも必要となってきます。その労力とコストを考えると、例えば、たった一部屋の空き部屋を貸し出そうとするのは割に合わないかもしれません。その為、以前は空き部屋を貸会議室とするビジネスは、あまり見られませんでした。ですが、近年は景気があまりよろしくないせいか、一時的に空き部屋が出来てしまう企業が、特に市街地のオフィスでは増えてきました。こうした企業が増えてくると、それらを対象にして、貸会議室の運営を仲介するという事もビジネスとして成立するようになってきました。同じような悩みを抱える人が増えてくると、彼らを対象としたビジネスが発生するというわけです。同様に、景気が良くないので会議室を社内に持つほど余裕は無いが、しかし、一時的に借りたいと考える企業も増加しましたので、結果的に貸会議室がビジネスとして現在も続く事になりました。景気が悪いなら悪いなりに、新しいビジネスが増えるもんだなと、感じました。

非日常との出会い

| 語学 |

環境が変わり、更には知り合いがいない。
そのような環境のおかげで自分に正直に勉強に励む事が出来るというのも留学のメリットでしょう。

しかし、留学のメリットはそれだけではありません。
留学のメリットとして、非日常感を挙げる人も多いでしょう。
学生時代であればまだしも、社会人ともなると毎日が同じ事の繰り返しとなってしまいます。
おかげであっという間に時間が経つ…そのような人も多いでしょう。
しかし留学は、そんなマンネリとは無縁の所にあります。
刺激に満ち溢れているのが留学とも言えます。
何せ日本では当たり前の事、例えば駅で切符を買ったり、コンビニで物を買うといった行為までもが非日常になるのです。
しかも、異国の言葉を駆使して購入しなければならないのですから、勉学のプラスにもなるのです。

つまりです。
刺激的な生活を送る事で、それが更には勉学にもなるという、一石二鳥の生活を送ることが出来るのです。
それは紛れも無くメリットですよね。

価値観の変化

留学する事で自分自身の価値観が大きく変わったという人もいるようです。
日本にいては気付けない事、見落としてしまうような事も、留学する事で気付けたという人もいるでしょう。

日本にいる頃には「マンネリ」と蔑んでいた自分の生活が、実はとてもありがたいものだった…。
そのような現実に気付く人もいます。
異国の地で得られるのは、学習からのものだけではなく、異文化に触れる事で異文化の良い面、さらには日本の良い面に気付くという人も少なくなかったりするのです。
それはやはり留学だからこそ気付ける部分と言えるでしょう。
観光のように短期間ではなく、長期間滞在する事でしか見えてこない事もあるでしょう。
そのような事に気付けるのもまた、留学のメリットと言えるでしょう。
日本にいると気付けない事はたくさんあるでしょう。
常識だと思っていた事が、実はとても素晴らしいサービス…というのは、先進国である日本では案外多かったりするのです。

一戸建てにすでに住んでいたり一戸建てのマイホームに憧れる人も多いと思いますが、長所と短所があります。
いい所はアパートなどと違って上下左右の隣接した部屋の住人に対して生活の音にそれほど気を使わなくていいことです。
なので夜中だろうと好きな時間に活動しても、さほど近所の迷惑にはなりません。それほど対策を立てなくてもプライバシーはかなり守られます。
また広さは様々ながら庭がある家も多いので、ガーデニングが好きな人なら四季の草花が楽しめます。
そして賃貸で禁止されていなければペットと暮らせます。
最近はペットOKのアパートなども増えていますが、よほど小型の生き物でなければ狭い部屋で飼うのは可哀そうです。
ワンルームなどでは小型犬でもストレスを感じそうです。

一戸建ての悪い所は手入れや修繕に費用がかかる事です。
家が古くなれば次々と不具合が出てきます。
そして全てを直そうと思うと大きな金額がかかってしまうので、あっちを我慢、こっちを我慢しているうちに、どんどん不具合が生じてしまいます。
後は転勤などで引っ越ししなければならなくなった場合、売るにしても貸すにしても家の処理が大変だという点です。
もしなかなか売れなかった時には、誰も住んでいない住宅はすぐに痛んでしまいます。

毛穴の黒ずみ、特に鼻の毛穴の黒ずみって気になりますよね~。鼻が苺みたいにプツプツしていたら、女子力半減かなって思います。けれどこの毛穴の黒ずみの頑固なこと。私も洗顔とか色々な方法を試してみたのですが、結果全然改善されませんでした。もしかしたらちょっとくらいはよくなったのかもしれませんけれど、あまり変わっていないような…。だから今は毛穴の黒ずみに効くというコスメを色々試しています。激的な効果はまだ現れていませんが、ちょっと綺麗になってきたように思います。流石コスメ。毛穴の黒ずみにちゃんと効果を出してくれるみたいですね。私が使っているのはスクラブ入りのジェルなんですけど、使った後は鼻がすっきりします。

スクラブって毛穴の黒ずみを掻きだして、綺麗にしてくれる効果があるんだそうですね。スクラブの入っているコスメを使うと、鼻の頭も綺麗になりますよ。それに小鼻効果もあるのだそうです。スクラブを使うとそのままマッサージにもなりますから、使い続けていると鼻が少し小さくなるんだそうですよ。もしまだ使ったことがないのであれば、スクラブ入りのコスメを試してみてくださいね。試すときは毛穴が開いているときに試した方が効果があるみたいです。私はお風呂に入っている最中に使っていますが、何だか「汚れがごっそり落ちた!」みたいな気分になります。やりすぎたらよくないそうなので何日かに一回行うといいみたいですよ。私はしばらくこのコスメを使ってみるつもりです。

子供時代は、ゲームもほんの遊びで、すぐに他のことに興味が移り、ゲームというものからは遠ざかってしまいました。
ゲームを卒業した後はプラモデルというものが流行っていて、今のゲーム機のような感じで、プラモデルを作っては満足していました。
それも2,3年でしたが、大人になってからはゲームということさえ忘れていました。
大人のゲームと言えばギャンブルしかありませんでしたが、それは手を出しませんでしたので、ゲームとは無縁の期間だったと思います。
それを思い出させたのはインターネットでした。
感覚としては最初はインターネット自体が、趣味で大人の玩具のような感じでしたのでパソコンやインターネットなどで、遊んでいたという感じでした。

しかし、インターネットではパソコン内で、画面を見ながらゲームを遊ぶことができることを知り、フリーソフトのサイトなどのゲームの項目で、色々なゲームをダウンロードして遊ぶようになりました。
ネットゲームに比べれば、幼稚園児の遊びのようなものでしたが、それでも新鮮さがあり、よく遊んだものでした。

しかし単純なものですので、すぐに飽きて新しいものを探すようになります。

しかしインターネットが電話回線を使っているような状態でしたので、大きなファイルはとても時間がかかり、数時間かかってもまだダウンロードが出来ないものが、ざらにありました。
今では考えたれませんが、ネットゲームなどもない頃だったので、そんな感じで遊んでいました。

参考情報